妊活・不妊治療・ベビ待ちさんの為の妊娠検査薬の総合サイトです!

妊娠検査薬ドットコム

妊活 未分類

妊活のタイミングが合わない毎日…。皆回数はどのくらい?

投稿日:

妊活をしていると大切なのがタイミングですよね。性行為をしなければどんなに他のことを頑張っても妊娠できませんものね。妊活中の夫婦にとってお互いのタイミングが合わなかったり回数が足りないのではという悩みは切実です。皆はどのくらいの回数なのか、タイミングが合わない時どうしているのか気になる事をまとめて紹介します。


妊活中の回数は皆どのくらい?気になるみんなの事情

妊娠するためには排卵日付近の性交渉が不可欠ですが、排卵は月に1回しかないのでタイミングが合わないとどうしても焦ってしまいますよね。妊活中のみんなの回数がどれくらいなのか調べてみました。

妊活中夫婦のセックス回数

Q.ズバリ妊活中は週に何回セックスしましたか?

週2回(27%)

週3回(24%)

その他(21%)

週1回(14%)

毎日(7%)

週4回(5%)

週6回(2%)

参照:たまGoo!(https://tamagoo.jp)

日本の夫婦・カップルのセックス回数は週2~3回が多いとされています。セックスレスの傾向が進んでいるという調査結果もあり、共働きのだと週に1回というカップルも増えています。

 

妊活中でも、そうではない時もパートナーとのスキンシップは週2~3回というのが一般的ということです。

紹介したアンケートのコメントには、妊活中だからとセックス回数を多くしすぎるとプレッシャーや義務感になってしまいそう、という意見もありました。もちろん事情は夫婦それぞれなので毎日でもしたいという夫婦もいれば、週に1度で充分という夫婦もいるので、平均回数にはとらわれ過ぎないのがいいですね。

 

タイミング法を実施している夫婦のセックス回数

それでは妊活で、タイミング法を実施している夫婦は何回くらいセックスしているのでしょうか。

タイミング法では排卵日の前々日から排卵日翌日までに2回以上と指導されるクリニックが多いようです。

ただクリニックによる不妊治療が始まると、セックスの回数が減る傾向にあるようです。

セックス=妊活の為にするものという意識になるカップルが多いのか、妊活中カップルでは週に2~3回という回数が多かったのに対し、不妊治療が進むにつれてセックス回数が月に2~3回と減っていく傾向もあるみたいです。

 

ちなみに、妊娠率とセックス頻度を調べたデータによると

毎日セックスしているカップルの妊娠率は37%

1日おきにセックスしているカップルの妊娠率は33%

週に1回セックスしているカップルの妊娠率は15%

参照:妊活・妊娠・出産・子育てのルンルンクリック(http://lunrun.click/potato-column19/)

月に2~3回のセックスでは妊娠率が更に低くなってしまいそうですね。

理想論ですが、セックス=妊活ではなく、セックスは夫婦のスキンシップと愛情を深める行為ということを思い出して、排卵日に関係なくセックスができるようになるといいですね。

 


妊活にぴったりのタイミングは何日間?毎日した方がいいの?

月に1度しかない排卵日を狙うとなるとハードルが上がりますが、妊娠しやすい日というのは1日だけではありません。「排卵日だから今日絶対!」という考えをちょっと緩くすることも大切みたいです。

精子と卵子からみた妊娠しやすい時期

精子は射精されてから2~3日、長いと1週間が寿命とされています。それに対して卵子は排卵されてから24時間程度とされています。さらに受精可能な時間は6時間~8時間程度と短いため、理想は排卵よりも前の段階で精子を待ち伏せさせることです。

 

となると、精子の寿命を考えれば排卵日の3日前から、排卵日の翌日までが妊娠しやすい期間とされています。

ここでポイントなのが、精子の待ち伏せに上限なしということです。

卵子さんの出待ちは精子4億個で閉め切りました~なんてことにはなりません。数が多ければ多いほどいいので精子の最大寿命を信じれば排卵予定日の1週間前くらいからは、実はタイミングをとれているんです。

 

ただ、現実的には1週間生き延びられる精子は相当少ないでしょうから妊娠しやすいタイミングは排卵日の3日前~排卵日翌日ということです。

排卵日が近づく頃は毎日でもセックスできるならした方がいいんです。でも仕事もあるし、男性の体力的に毎日は無理って人もいるので、夫婦に合った回数を相談して1日置きなどを臨機応変にしてみましょう。

 

男性の精子の仕組み

男性の精子は毎日精巣で5千万~1億程度作られているとされています。そして一度で1~4億個の精子が射精されています。

天文学的な数ですね。

精液の状態を考えると射精した次の日の精液は精子が薄いので、排卵日近くでタイミングを合わせたいときは直前での射精を控えてほしいなんて夫婦の会話もよくあることです。

 

でも実際は精子の数や運動量は人それぞれです。毎日でも妊娠に必要な精子が射精されていれば問題ないんです。夫の射精日時をコントロールするよりは、体力的に出来るならば玉数(笑)を多くたくさんセックスした方が妊娠の確率は上がりそうです。

 

こうやって考えると案外日数的には余裕が出てきませんか?日数の余裕は気持ちの余裕にもつながってきます。

 


妊活のタイミングが合わない時の対策は?排卵日タイミングの後は効果ある?

排卵日が分かってしまう女性からしたら、妊娠したいのにタイミングが合わないというのはストレスがたまりますよね。

仕事が忙しいなど、タイミングが合わない時に経験者たちはどんな対策をしたのでしょうか。

排卵のタイミングを逃してしまった時

基礎体温や排卵検査薬などで排卵日を把握している人にとっては排卵日前にセックスできないと「今回できなかった」と落ち込んでしまうこともありますよね。

 

基本的には排卵してからの卵子の寿命は24時間です。次の日でもまだ卵子が受精できるかもしれないので、排卵日の後でも妊娠の可能性はあります。

 

生理の周期からなんとなく排卵日を予測している人は排卵日がずれることはよくあるので排卵日後でも諦めずにチャレンジです。

 

夫婦で病院に通ってカウンセリング

赤ちゃんが欲しいという妊活にも夫婦の温度差があるのかもしれません。女性側から「今週はチャンスだよ」という発信を受けると気分が盛り上がらない男性もいるみたいです(というか、かなり多い)。でも、夫婦で妊娠に対する熱意のすり合わせをした結果、夫の方から「そろそろ排卵日だね」と誘ってくれるようになったという経験談もあります。妻が誘うと断る男性も、自分から赤ちゃんが欲しいと積極的になってくれればタイミングをとれるように更に努力してくれるかも?

 

排卵日を隠してプレッシャーを与えないように

夫は排卵日だからとプレッシャーを感じると無意識に排卵日セックスを避けてしまうかもしれません。

そうならない為にも、排卵日付近だけでなく普段からセックス回数を増やしていけるように夫婦でコミュニケーションしたいですね。

普段からセックスをしていれば、排卵日付近に妻から誘っても普段通りに受け取ってくれる可能性がありますよ。

 


まとめ

とにかく男性は繊細な生き物で、タイミングや排卵日という言葉にプレッシャーを感じると無意識にでも避けてしまうことがあると理解しておくことも必要ですね。

どうしても忙しくて排卵日付近のタイミングがうまく取れなくても、最大1週間という精子の生命力を信じて生理後からは積極的に仲良くする回数を増やしていけば妊娠の可能性もあります。

排卵日とタイミングにこだわりすぎないのが、一番決めておかなくてはいけないことかもしれませんね。



こちらの記事もおすすめです

-妊活, 未分類

Copyright© 妊娠検査薬ドットコム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.